個人経営のフェイシャルエステ

なぜフェイシャルエステサロンは大手が手堅いと言われるのでしょうか。その理由は実績と経験が大手はダントツの多さを誇るからです。大手が大手としてやって来れた理由は、経験と実績を積み重ね、多くの客様にご満足を頂けてきたからであり、これはサロンとしての財産です。

一方なんの経験も実績もない個人経営のフェイシャルエステは大手と比べ、危うい部分もありますし、信用の置けない部分も多々あります。たとえば個人経営の場合は資本がぜい弱であることから、自室をフェイシャルエステサロンに改造し、営業している人が多くいます。

たしかにフェイシャルエステは顔専門のエステサロンですから、施術する箱さえあれば準備は全身エステにくらべ手軽です。また大型マシンを導入する必要もありませんので、少額費用で開店できます。しかし問題は個人経営のフェイシャルエステは誰でもできるという事です。

つまり経験も実績もない人が経営のセンスさえあれば、簡単に店を開けてしまいます。確かに個人経営という事もあり大手に比べれば格安の費用で施術を受ける事ができます。しかし経験値が殆どない人でも、簡単にフェイシャルエステサロンを開けるのであれば、できるだけそんなお店には行きたくありませんよね。

もし個人で開業するフェイシャルエステサロンに行くのであれば、かつてどこかの店舗で一定の経験を積んだエステティシャンのいるお店に行くようにしましょう。そのためにはまず大手のフェイシャルエステサロンに通うことです。

そして独立のタイミングでサロンを乗り換えれば、個人経営のフェイシャルエステで外れを引くことはありません。

カウンセリングがセールスの場と化す

エステサロンにとってカウンセリングとは、お客さんとの信頼関係を築くとても大事なプロセスです。そしてそれはフェイシャルエステでも全く同じことがいえます。

フェイシャルエステサロンのカウンセリングも、全身エステにおいても基本的にお客さんの要望に忠実に答えていく為に、どのような方法で施術を行っていくかを話合います。そしてそこでは、実際の施術で使用する化粧水や乳液を選択し、また使用するマシーンの特徴を聞き、使うかどうかを選択します。

そういったフェイシャルエステの行程を組み立てていく上での大事なプロセスがエステのカウンセリングなのです。ところが悪質なフェイシャルエステサロンになると、このカウンセリングがまるで商品セールスの場と化します。

つまり知識と経験値のほとんどないお客さんの足元を見て、法外な料金で化粧品を売り込むとか、健康食品を売り込まれる場合があるのです。お客さんはまったく知識も経験値もないために、言われるがまま買うしかありません。

しかも何か反論しようものなら、即弱みに漬け込むような言葉で丸め込まれます。その上高額な分割ローンまで組まされ、毎月高額な分割費用を払わされるなんて事まであります。

このように悪質なフェイシャルエステサロンとは、実際の施術に重きを置かず、初回カウンセリングをセールスの場にしてしまうサロンを指します。そしてその被害者は少なからず存在し、その多くが泣き寝入りしているのです。

法外な料金のフェイシャルエステ

フェイシャルエステに限らずエステ業界全体に言える事ですが、まずエステをビジネスとして考えた場合、サービス内容を精査すると殆どが施術料金であり、サービスとしての原価がウエイトとしてあまり大きくありません。

そして原価があまり大きくないために、サービス行為に付加価値が偏りエステとしての原価計算が難しい業界です。それはフェイシャルエステでも全く同じことがいえます。

フェイシャルエステも使用する化粧水や保湿液、そして乳液など原価で見た場合1回あたり1千円もしません。また使用するマシーンも原価で見た場合は、1回あたりのサービス料は100円もしないでしょう。

それを1回あたり数千円という金額でサービスするわけですから、利益率でみると80%から90%くらいというぼろ儲けビジネスです。ということは値下げしようと思えばいくらでも値下げ出来ますし、企業努力はできるはずです。ところがフェイシャルエステを含めたエステ業界は、あまり値下げに積極的ではありません。

それはエステという付加価値が下がるからです。そのため付加価値を下げない為にエステティシャンの付加価値を高めようとします。

専任の担当者の付加価値を高め、より多くのお客さんに喜んでもらえれば、多少法外な料金を請求しても文句は言われませんし、そもそも文句を言うようなお客さんは来ないと思っています。
そのためエステサロンによっては何の悪気もなく法外な料金を取ります。

エステサロンで何が重要かを考えた時、サービス自体あまり変わりないのであれば安いサロンでも問題なのではないでしょうか。

巷の口コミ情報を参考にしてみる

自分にとってマッチするフェイシャルエステサロンを探したいのであれば、まずは情報収集から始めなくてはなりません。どこにどんなエステサロンがあるのかを知る事で、選択肢は大きく広がります。

その為にはまずフェイシャルエステサロンの広告が掲載されている雑誌を探すことから始めましょう。それは女性週刊誌とは限りません。

タウン情報誌でも最近はフェイシャルエステに関する広告が出ていますし、割引クーポンマガジンでも、広告が出ている場合があります。これらの情報を仕入れた後に、今度はネットの口コミサイトの情報を基に、利用者や体験者の感想と生の声を聴くようにします。

そこには費用に関する事や、キャンペーンにかんする情報、また施術そのものに関する感想などが載っています。すると自ずと自分自身の合ったフェイシャルエステサロンはどこが良いのか?また費用見積もりにおいてもどこが一番良心的なのかを知る事ができるでしょう。

膨大なフェイシャルエステサロンの情報を基に、いくつかのお店をピックアップできれば今度は実際に行ってみて、施術を受ける事になります。但しもし希望するエステサロンでお試し体験プログラム的なコースがあれば、まずはそちらで試された方が良いでしょう。

お試し体験は実際の施術と同じことを1時間から2時間かけて行います。そしてこの時間は基本コース1回分フルサービスの時間です。フルサービスを実際に受けてみて、通うかどうかを考えてみるのも良いでしょう。